Category Archives: 借金返済

カードローン地獄で抜け出せない人達続出

アベノミクスはどこへ行ったのか、不景気のあおりで派遣の仕事にも就けない若者が増えていて、彼らは日雇いのバイトをしながら住所不定で一晩限り止まれる安ホテルを泊まり歩いているという。

card-cashing

派遣社員になれても正社員になれず、いつ首になるか解らない不安に苛まされながらも、生活苦で少しずつ消費者金融や銀行カードローンで借金を繰り返し、いつの間にか返済が苦しくなるカードローン地獄に陥る若者もとても増えている。

借金地獄という言葉は比較的新しい言葉と思っていたけど、調べてみるとズッと前からある言葉で、その割には最近借金地獄で苦しいとか、パチンコで借金地獄から抜け出せない悲痛な叫びを書いたブログをよく見かけるようになった。

法律事務所などでも弁護士が書いているブログを見ると、債務整理の相談に訪れるのは若者が中心で、特に大学生が借金苦でどうしようも無くなってローン返済の相談を兼ねてやってくるのだそうだ。

少し前は自己破産や債務整理といった借金整理の相談は個人事業主が事業資金として借りたお金の整理や、ホストにはまった女性、旦那の収入が低くて生活苦で相談する主婦などが中心だったそうだけど、今では若者が生活で借金地獄になったり、買い物依存症でクレジットカードを使いすぎて債務整理する事が多いそうです。

syakkin-yabai

カードローン融資も比較的総量規制で審査が厳しくなったり、グレーゾーン金利の廃止でサラ金が潰れたりと、借り手にとっても貸し手にとっても借金する事は簡単ではなくなった。

だけど、破産する若者が増えているのは、人との繋がりが薄くなりストレスを発散するために収入に見合わないお金の使い方をしたり、または不景気のあおりから収入が伸びない、働く場が無いといった生活費のために少しずつ借りたお金が膨らみ多重債務になるという流れが目立つ。

金利の高い闇金融でも借入を繰り返す人も多く、住宅ローンが支払えずに自己破産したり個人再生を選ぶ人も多いので、お金を貸す方としても慎重になるのは当たり前で、そうなると審査が通らないという人も増えることになる。

それほど金融機関の審査が厳しくなってもローン地獄になる人が減らないのであれば、総量規制などあまり意味がない事になるし、返済額が足りないからと言って支払日前に即日で融資を受けられるローン会社やカード会社を回るという流れは断ち切れそうにも無い。

daigakusei-syakkin

大学生の中には教育ローンで未成年でも自己破産する人がいるらしいし、ギャンブルなどにハマる人が多いというのも若年化していると、以下のサイトを見ていて痛感した。

カードローン地獄からの脱出@借金解決する方法
http://amparoreformalaboral.org/

ハッキリ言って、カードローン地獄からの脱出方法は収入を上げて働きまくるか、法的な債務整理という手段をとって借金の整理をすることでやり直すしか無い。

破綻する前に親がお金に対する教育をするか、学校でももっと経済について考える場を増やし、かつローン会社も借り手の審査を厳しくするほか、多重債務者を減らすことは難しいだろう。

 

債務整理して7年経てば住宅ローン組めるの?

syakkin-money

先日、初めて、弁護士事務所に行って、債務整理のための相談をしてきました。
社会人になってから、ついつい外食ばかりが続き、
3食とも、外食ということもめずらしくなく、また
注文するときには好きなものを値段も見ずに食べていたため、
食費だけでも十何万といった生活を続けていました。
会社の近くで食べて帰って、家で自炊をしたくなかったというのが大きいです。
そこまで高級料理を食べていたというわけでもないのですが、
大学時代はラガーマンだったこともあり、とにかく食べる量が多く、
当然、そんな生活では貯金どころの話ではなく、急に出費があると
ついつい、消費者金融などでお金を借りてなんとかしていたのですが
それも数年すると限度額いっぱいにまでなってしまい、まずいなと思っていたのです。
大学の先輩から、無料相談とかあるから、借金の相談はプロにしてこいと
背中を押してくれたので、なんとか弁護士に相談まではできたのですが
そこから先をどうするか迷っています。
弁護士には個人再生か、もしくは任意整理を勧められました。
これらは債務整理といっても、すべての借金がチャラになるというわけではなく
借金を減額してもらって残りはちゃんと自分で返済しなければならないという方法です。
借金の整理というと自己破産ですべてがチャラになるということを考えていた
自分はそんな方法があるのかとびっくりしましたが、個人再生や任意整理を
選ぶ最大のメリットである、持ち家を所有したまま債務整理ができるという
利点の恩恵がアパート暮らしの自分にはないんじゃないだろうかと思って
ちょっとどうするか考えているんですね。
今は家を持っていなくても、これから先に、家を持ちたいと思った時に
住宅ローンを組むのに、自己破産よりかは任意整理や個人再生のが
有利だから…ということですが、正直、自分はこの先、家を持ちたいのかどうか
(実際に持てるかどうかというのはこの際は置いておいて)
ちょっと決定できないでいるんですよね…。
改めて考えてみると自分にはそこまでマイホーム願望というものがないらしい。
ただ、もし、結婚したとして、自分はマイホームは必要ないと思っても
配偶者も同じとは言い切れないんですよねぇ。
ただ、そういう事故情報がブラックリストに載ってると大きな買い物のローンだけではなく
クレジットカードなどを持てない期間ということにもなるので
それを考えると短い期間ですむほうがいいのかなぁとも思いますけどね。

パチンコで借金を重ねて支払い地獄って笑えない

結婚してしばらくしてもなかなか子供ができなかった私達夫婦ですが、
3年たち、不妊治療の成果もあって無事にお腹に赤ちゃんを授かることができて
本当に幸せな気持ちでいたのですが、それは私だけだったのだということを
知ったときには絶望感でいっぱいでした。
夫も子供を希望していると思っていたのですが、不妊治療して、他人に子作りのことを
知られながらどうこうしてまで強く子供が欲しいと思っていたわけではなかったらしく
子供を熱望する私との温度差にストレスを感じてしまっていたと後から話されました。
しかし、そのストレスのはけ口にパチンコ店に通って、
あまつさえ、借金するほどパチンコにのめり込んでいたなんて…。
パチンコ借金地獄とはよく聞きますが、まさに夫がその状態で、
消費者金融、銀行から複数カードローンで借入をしていて多重債務で借金返済だけで
毎月の生活費も危うい状況になっていました。
借金額にただただため息がでるばかり。saimuseiri
私自身はギャンブルはしたことがなく、そこまでのめり込む気持ちというのがわかりません。
ただでさえ不妊治療でお金がかかっているのに
そんな借金まであるなんて将来に不安しかありませんでした。
この人と夫婦を続けるなんてできるのだろうかと思いましたが
しかし、その頃には子供を中絶できる時期は過ぎていましたし、
なにより辛い不妊治療をしてまでやっと授かった子供を中絶することなんてできません。
そして、専業主婦の妊婦の身では一人で子供の出産費用を用意することすらできないのですから
腹をくくって再構築を選ぶしかありませんでした。
私達は弁護士事務所に法律相談に行きました。
少しでもお金の節約になるようにと無料で相談できるというところをネットで探しました。
それくらい経済状況は悪かったです。
しかし、さすがにプロの法律家は違いますね。
私達の状態でもなんとか債務を返済できる程度に借金の減額を
任意整理をすることで解決してくれました。
子供を出産後、本当なら3歳までは自分で子供を育てるのが希望だったのですが
少しでも早く借金完済できるように、私も子供を保育園に預けれるようになると
すぐに働くことにして頑張りました。
子供の記憶に残らないうちに借金を完済できることができたことが何よりだと思っています。
夫とは以前よりもちゃんと話し合ってお互いの気持ちを常に知っておくようにつとめています。
やはり、借金の一番の原因は夫婦のすれ違いだったと思います。
ちゃんと話しあうになってからは夫もパチンコをやめ、子煩悩のパパになっています。